税理士への道

税理士の魅力

税理士資格の魅力

税理士資格の魅力について紹介してみます。

会計系の最難関試験は公認会計士試験ですが、税理士試験は公認会計士に比べれば、比較的容易に合格することができます。社会人が働きながら、仕事に支障のないように勉強して、合格を勝ち取ることも可能なのです。しかも、科目別に合格制が取られているので、複数年かけて、少しずつ勉強していくことも出来るので、社会人が会社を辞めずに試験に挑戦できるのはかなりのメリットです。

どのような分野の資格でもそうなのですが、合格するには会社を辞める必要が生じる場合もある最難関の資格に挑戦するにはリスクがあります。仕事を辞めてまで試験に挑戦するというのは社会人にとってかなり大きいリスクになるでしょう。合格できなかった場合、全てを失うことにもなりかねません。

リスクや難易度を加味して考えれば、税理士資格のうまみは小さなものではないといえます。税理士の資格は現在勤めている会社で働きながら挑戦でき、仮に受からなかったとしても現在の会社にとどまることが出来るという、自分自身のリスク管理の点から見ても、目指すに値する魅力的な資格だと言えます。

税理士は、うまみのある資格か?

「税務の代理」、「税務書類の作成」、「税務相談」という三つの独占業務を持っています。税金に関心がない人はいないと思います。最大の関心事だとも言えるでしょう。税金を出来るだけ安くしたい、間違いのない申告をしたいというのは誰しもが思っていることのはずです。そうした多くの人が高い関心を持ち、常に一定のニーズがある分野について、独占業務を持っているのが税理士の魅力です。

実際、四分の一以上の人が3000万以上の収入があるようです。一方で、四分の一以上が、500万円以下しか稼げていないようです。税理士になったからといって誰でも稼げるわけではありません。開業当初は年収300万円程度と言われているため、新人の税理士が収入を得るなら家族や友人からの紹介など人脈が必要になってきます。また自身のホームページを開設して宣伝する方法もあるので、努力しだいで高収入も期待できる魅力のある資格だと言えると思います。

【独立開業】

税理士の魅力として独立開業できることがあります。かなりの割合の税理士が独立開業をしています。また、税理士を目指す人のほとんどが将来、独立開業を目指しているのではないでしょうか。独立開業すると、自由に仕事が出来ますし、自分の努力で勝負することができます。勿論、そのことによりリスクも生じますが、自分で勝負したい人にとってはとても魅力的だといます。

【税理士法人】

税理士法人の創設が認められたことで、税理士の可能性は更に広がりました。税理士法人の場合、各地に支店を置くなどして、幅広い地域で税理士業務を展開することが出来ます。そうなってくると、個人の税理士事務所とは比較にならないリターンも期待できると思います。

税理士法人の創設で税理士のメリットは飛躍的に増大しました。なお、税理士法人は二人以上の税理士によって構成されています。税理法人を作ることができるのも、税理士法人の構成員となれるのも税理士だけです。

税理士として独立開業するといくつものメリットがありますが、税理士の活躍の場は、独立開業だけではありません。企業内で税理士資格を活かす方法もあり、税務のプロフェッショナルである税理士には金融業界を中心に企業側のニーズがあります。従って、税理士資格には就職や転職にも有利になるというメリットもあるのです。

税理士試験は科目ごとに合格が決まる科目別合格制を採っていますが、科目合格でも履歴書に記載することができます。数科目の合格でも就職に有利に働きますし、5科目全ての合格なら、就職にかなり有利になります。

このようにメリットや魅力の多い税理士の資格は、十分に目指す価値のあるうまみのある資格です。

recommend

最終更新日:2017/11/24

"p>